ちょびの走りっこ記録

ちょびちょびしく走ってます。

御霊櫃温泉 ごれいびつ荘北の湯

 

昨日御霊櫃峠を走った後のつづきです。

峠走編→

御霊櫃峠走 - ちょびの走りっこ記録

 

ーー

 

走り終わった後、帰って自宅のシャワーで汗を流そうとも考えたんですが、車を駐車していた高篠山公園のすぐ近くに温泉の看板がありました。

気になったんですが、看板にかなり年季が入っていたのと、聞いたことがない温泉だったので、実際に行くのはためらわれました。現在、営業しているかどうかも分かりません。

ただ、外は29℃。走り終わって汗だくだったので、できれば早く汗を流してサッパリしたいところです。

とりあえず、どんなところか外見だけ見て、営業しているかどうかだけ確認してみることにしました。

 

 

f:id:chobi_chobi:20180421150912j:plain

 

民家じゃん。

 

営業中の表示はちゃんと出ています。

 

ただ、全く人気がありません。

 

駐車スペースと思われるところに僕の車の他に2台車がとまってるんですが、実際中に入るにはかなり勇気がいる佇まい。

ごれいびつ荘っていう名前も「御霊櫃」をひらがなにしてる分、心霊感は薄らいではいるものの、入るのにためらってしまう理由かも。

 

しかし、汗を流したい気持ちが上回りました。

遠出して走るときはタオルなども持って移動するので、温泉に入る準備は問題ありません。

覚悟を決めて中へ!

 

f:id:chobi_chobi:20180421150921j:plain

 

中はいたって普通の温泉の受付でした。

 

自販機とかアイスの冷蔵庫とか、ちょっとした休憩用のテーブル席があり、奥には広めの休憩室。

 

奥から受付の方が出てきて、入浴料500円を払います。階段を下りた先に浴室があると案内いただきました。

 

f:id:chobi_chobi:20180421150946j:plain

 

アトピーによく効く温泉のようです。

「お試し下さい。」の「試」を間違えちゃったみたいですね。だんだん剥がれてきているのが心配です。

 

脱衣所へ。ちゃんとドライヤー1台ありました。

もちろん、温泉に入りに来ているのは僕1人だけです。

 

いざ、浴室へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180421150935j:plain

※許可をいただいて撮影・掲載しています。

 

内湯のみで、3人も入ればいっぱいになるくらいのこじんまりとした浴槽。

洗い場は3つ。

石鹸とリンスインシャンプー、完備。

ボディソープはありません。

 

浴室内は、しっかりと年季が入っています。しっかりと。

潔癖な方は躊躇してしまうかもしれませんが、そういう人はそもそも来ないところだと思います。

 

お湯は、熱すぎず、ぬるすぎず、ちょうどいい湯加減です。

そして、鉱物系の香りがしっかりする、温泉に入ってるなと実感できるお湯です。

最近、中性の泉質が続き、久しくこういう温泉に入っていなかったのもあり、温泉らしい温泉に入れて感激。

そして、湯口から出てくる湯量が多いのもいいですね。(高級ぶってちょろちょろーと小便以下の勢いでしかお湯が出てない温泉にこそ不衛生感を感じる)

 

窓の外を覗いてみました。

 

f:id:chobi_chobi:20180421151012j:plain

 

渓流じゃん!

 

外観からは全く想像がつかない、なかなかのロケーション。

露天風呂はないものの、それに近い解放感を得られました。

 

しばらく温泉につかって峠走の疲れをゆっくり落とすことができました。

 

ーー

 

温泉からあがって分析表チェック。

 

f:id:chobi_chobi:20180421151030j:plain

 

いつもただ何となく載せてるだけなんですが、最近、ペーハーのことが少しずつ分かってきました。

この温泉のペーハーは、9.0。アルカリ性のお湯です。

 

【pHと液性の分類】

10以上:強アルカリ性

8.5〜10未満アルカリ性

7.5〜8.5未満:弱アルカリ性

6〜7.5未満:中性

3〜6未満:弱酸性

2〜3未満:酸性

2未満:強酸性

 

アルカリ性の温泉は、お湯がいわば石鹸のようなものなので美肌効果があります。

酸性の温泉は、殺菌効果があり、皮膚の角質を溶かしてくれます。

ここの温泉は、これまで行った温泉の中でも数値が高めで、しっかりアルカリ性なので、アトピーに効くお湯というのは頷けるところです。

 

廊下の壁にアトピーがよくなりました、という温泉利用者の手紙が貼ってありました。

 

受付の方にお礼を言って、温泉を後にしました。

施設には温泉のほかに釣り堀もありました。釣り堀で釣りができるかどうかは謎です。

 

ーー

 

こちらの温泉、「郡山 温泉」で検索しても出てこないような、なかなか穴場の温泉でした。

かなり年季が入っていましたが、温泉としては間違いありません。(僕の語彙力のなさから「年季が入っている」という表現ばかりですみません。察してください。)

今回、ホームページもない、あまり知られていない温泉を取り上げたので、いつもより力を入れてご紹介してみました。

 

 

御霊櫃温泉 ごれいびつ荘北の湯

ごれいびつ荘 北の湯

郡山市逢瀬町多田野草倉沢4

TEL 024-957-2487

営業時間 9:00~20:00

定休日 水曜日

入浴料 500円

f:id:chobi_chobi:20180421213553p:plain

 

ーー

 

今回の記事を書いていて思ったんですが、ほかのブロガーさんに比べて、僕けっこう温泉に入ってる気がしてきました。

一方、僕のブログってランに関するギア?とかトレーニング法などの有益な情報が全然ない。。

あらやだ、走ることより温泉の方が好き?

温泉ブログという生き方もあるのかもしれない。。

 

 

おしまい。

 

 

 

御霊櫃峠走

 

先日、福島市内のトレランコースを走りました。

花見山ランと・・・ - ちょびの走りっこ記録

十万劫山トレイル - HASHIRU

 

福島市にお手頃なトレランコースがあるならうちの町にもあるかなーと思い調べてみました。

 

あくまでトレランコースを調べる前提で、ちょびちょび検索していたら、僕の町にもトレランできそうな山があることを発見。そして、頼んでもいないのに、そこに至るまでの程よい峠走コースが目に入ってきてしまいました。

 

runnippon.jp

 

僕、坂が嫌いでして、坂が大嫌いでして、峠走を1回もしたことがないという、にわか岩本教徒です。
大して調べもせず(調べてあったらあったで困るので)、うちの町は超平面都市であると脳に刷り込ませ、うちの町に存在するアップダウンはなきものとして、近くに峠走ができる峠はないとほざいておりました。

でも、実は近くに峠走コースあった。。けっこう立体的都市だった。。やめてよ。。

 

一方、先日の10キロレースで練習不足を痛感したわたくし。

来週控えている郡山シティ―マラソンに向けて、心肺・脚力を強化するには峠走が最適ではないかと思い、重い腰を上げて、本日そのコースで峠走をしてまいりました。

 

それにしても、この名前ですよ。

「御霊櫃峠」(ごれいびつとうげ)って。

名前からしておどろおどろしい。

で、やっぱり出てきました。関連検索ワード。

「御霊櫃峠 心霊」

やめてよ。。

 

なんか熊も出そうだしー

 

霊か熊かでいったら熊の方がこわい。

 

ーー

 

10:20 自宅から30分弱で高篠山森林公園着。

 

f:id:chobi_chobi:20180421135707j:image

 

峠走コースのすぐ近くの公園に車を駐車。

この公園、キャンプ場が備わったきれいな公園で、ハイキングコースがいくつかあるので、公園内のコースを走ってみるのもよさそうです。

トイレを済ませて、いざ峠へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180421135722j:image

公園にはまだ桜が咲いています。

 

f:id:chobi_chobi:20180421135753j:image

公園を出てすぐのところに峠道の入口があります。

 

f:id:chobi_chobi:20180421135815j:image

林道ごれいびつ線(終点)。この道をずっと進むと猪苗代湖に出るんですが、おそらく猪苗代湖側が林道の始点と思われます。

 

f:id:chobi_chobi:20180421135836j:image

はい、ではスタート~

 

f:id:chobi_chobi:20180421135859j:image

f:id:chobi_chobi:20180421135912j:image

さっそく「熊出没注意」二連発。

 

僕、熊に出くわしたら確実に死にます!その自信だったら誰にも負けません!

そんな僕を守ってくれる強い味方。

 

f:id:chobi_chobi:20180421135926j:image

昨日ゼビオで購入。

消音できるタイプです。

 

命名、熊野鈴子!(下の名前は「りんこ」でありんす。)

 

鈴子、頼むぜ!

 

鈴子、将来女の子が生まれたら、名前の候補にしてみてもいいかも。

もう一つ、女の子が生まれたら候補にしている名前があります。

「梨桃子(りもこ)」です。

兄夫婦に女の子が産まれたとき、兄夫婦が山梨で出会ったことから、かなり強くこの名前を推したんですが、一切相手にされませんでした。

福島感もある名前だと思うんですよね。

ちなみに、この名前は、母が「テレビのリモコンどこー?リモコンどこー?リモコちゃーん」と言っていたところからきています。

なんか自分で書いてて悲しくなってきたのでこの話題やめます。

 

 

f:id:chobi_chobi:20180421140004j:image

1キロ通過。

勾配はまだ緩やかです。

 

f:id:chobi_chobi:20180421140026j:image

2キロ通過。

だんだん峠感がでてきました。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142409j:image

3キロ通過。

暑いっす。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142428j:image

途中、開けた芝生地帯がありました。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142455j:image

4キロ通過。

木の葉っぱが少なくなってきました。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142531j:image

5キロ通過。

割と風が吹いてます。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142606j:image

6キロ通過。

見晴らしがいいところもあって清々しい気分です。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142758j:image

雪、残ってるー。

思わず、手に取って首にあてます。

ひんやリゾ~ト(´∀`)

 

f:id:chobi_chobi:20180421142643j:image

コースの途中何か所か登山道の案内もありました。

f:id:chobi_chobi:20180421142653j:image

なかなかワイルドな道ですがここを通るとコースをショートカットできそうです。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142843j:image

ちょうど7キロきたところで雪が完全に道をふさいでいます。

 

車できている方が立ち往生していました。

どんな道でも進んでいける人間ってある意味最強の移動手段のような気がします。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142913j:image

雪の面、クリア。

 

f:id:chobi_chobi:20180421142938j:image

8キロ通過。

ゴールっぽいところが近づいてきたかんじです。

 

f:id:chobi_chobi:20180421143010j:image

200メートルくらい進んで、峠道の最高地点到着。

52分ほどかかりました。

 

f:id:chobi_chobi:20180421143106j:image

トイレと数台分の駐車場あり。

 

f:id:chobi_chobi:20180421143040j:image 

f:id:chobi_chobi:20180421143156j:image

標高876メートル。

「賊徒を征伐」「戊辰戦争の古戦場」、要するに、霊がいるのは間違いなさそうです。

 

f:id:chobi_chobi:20180421143225j:image

さらに先を進むと猪苗代湖に続く下りの道です。

今日はここで引き返しますが、右の方に見える登山道を少し上って見晴らしがよさそうな小高いところに行ってみます。

 

トレラン風味で上ろうとしたところ、砂利よりも大きめの石に覆われた道だったため歩いて上るのも一苦労でした。そもそも本来走る道じゃないわけで、この道でトレランできたら最高だなーと思っていたんですが、経験を積んでからでないと足をとられてケガをする危険大です。

 

小高いところからの眺め。

f:id:chobi_chobi:20180421150734j:image

360°のパノラマビュー!

東の方は、これまで上ってきた峠道を見下ろすとともに、市街地を一望することができます。

 

f:id:chobi_chobi:20180421143438j:image

北東方向に見えるのが、標高1009メートルの額取山。その山頂まで登山道が続いています。

 

f:id:chobi_chobi:20180421143518j:image

西は、山を越えた先に磐梯山

 

f:id:chobi_chobi:20180421150820j:image

そして、猪苗代湖

眺め、最高!

 

ただし、まわりは遮るものが一切ないため、超強風が吹いています。

サンバイザーが飛ばされそうになるくらいで、のんびり景観を味わうかんじではありませんでした。

 

ーー

 

ということで、来た道を戻って下ります。

下りはトレーニング重視で一気に下ります。

 

f:id:chobi_chobi:20180421171606j:image

 

はい、スタート地点に戻ってきました!終了!

 

てか下界、暑いんですけど。

車に戻って外の気温確認したら、29℃なんですけど。

 

ということで、今回の記録です。

 

f:id:chobi_chobi:20180421174710p:plain

頂上で休憩した時間を含めず。

f:id:chobi_chobi:20180421174744p:plain

f:id:chobi_chobi:20180421174800p:plain

高度差508メートルを、8.2キロ、上って下りました。

 

前半の上り

f:id:chobi_chobi:20180421174808p:plain

 

後半の下り

f:id:chobi_chobi:20180421174819p:plain

 

ーー

 

今回の峠走、峠走をしたことがない僕には程よい距離と勾配でした。

 

激坂と感じるような急勾配はなかったので、一定のリズム、ペースで走れるコースだと思います。

 

車の往来が数台あったので、極度に熊を怖がる必要はありません。

 

あと、チャリの人と4、5人すれ違いました。

種目は違えど声をかけあえるとうれしいです。

 

それにしても、チャリで好き好んで山道を上るっていうのが僕には全く理解できません。ぜったい太腿きつくなるでしょう。坂道を立ちこぎで進むときの太腿のきつさがずっと続くとかってぜったいムリです。どんだけMなんでしょう。ヘンタイですよ。

なお、峠を走っている人間はおそらく僕だけでした。チャリの人からどう思われてたかな?

 

今日の峠を頂上まで車で行って、そこから額取山方面にトレランしてみるのもいいかもしれません。峠の先を進んで猪苗代湖の方に出てみたり(その場合どうやって帰ったらいいかは分からん)、今日と全く違うコースですが額取山の登山道をトレランしてみたり、考えただけでワクワク!

 

いずれにせよ、そろそろトレランのシューズ買ってみたいと思います。(ネットで物色してるんですが、なかなか決められない。)

 

走り終わった後(温泉)はまた明日。

 

参考ページ

御霊櫃峠|郡山市観光協会

額取山(安積山)|郡山市観光協会

郡山のヒルクライムスポット!御霊櫃峠(ごれいびつとうげ)を紹介する件 | X-body 好奇心で人生を楽しむ

 

 

つづく。

 

 

本宮ステキスポットレポ

 

昨日走った、もとみやロードレースの走り終わった後のレポです。

レース編はこちら→

第12回もとみやロードレース - ちょびの走りっこ記録

 

ーー

 

TOMSAIさんとお別れしたあと、いつものようにまず汗を流しましょう。

会場から車で5分程度のところにある日帰り温泉、天空郷へ。


そこから、塩ノ崎の大桜という桜の名所がすぐ近くだったので行ってみました。コースの途中にも、大桜の案内表示がちょくちょくあったので、気になっていました。

 

f:id:chobi_chobi:20180415181717j:plain

 

f:id:chobi_chobi:20180415181825j:plain

 

塩ノ崎の大桜の樹齢は600年といわれているそうです。

福島の桜というと、三春の滝桜が有名で、僕もそれぐらいしか知らないんですが、滝桜だけじゃないんですねー 

 

小高い丘を上った先に大きな桜の木がありました。

 

f:id:chobi_chobi:20180415181839j:plain

 
散ってた。

 

f:id:chobi_chobi:20180415182103j:plain

丘の上から日帰り温泉がある方を望んだ写真です。

見頃はすでに過ぎていますがそれでも桜がキレイです。

 

f:id:chobi_chobi:20180415182203j:plain

ぶってる写真。


そして、日帰り温泉、天空郷へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180415182231j:plain

 

tenkukyo.co.jp

 

入浴料 大人90分 750円

営業時間 10:00~19:00(最終受付17:00)


こちらの施設、昨年7月にオープンしたばかりで、とてもきれいです。

「ロードレースの方ですね。さきほどからスポーティーな方がこられてます。」

たぶんこの後もスポーティーな人が来ると思いまーす。

こちらの温泉、とても品がある施設で、汗だくジャージのおっさんが行くのは気が引けます。すみません。

 

f:id:chobi_chobi:20180415182815j:plain

入口に置いてあるこの像から、品のよさを察してください。


加えて、脱衣所でBGMに杏里の「オリビアを聴きながら」が流れているところから、品のよさを察してください。次の曲は中森明菜の「DESIRE」でしたけれども。

 

温泉は内湯のみ。サウナ・水風呂を期待していくようなところではそもそもありません。

僕が温泉に入るときは、すでに4名くらいのランナーが入っていました。

ただ、そのランナーがあがると、後から1人ランナーが入ってくるくらいで、想像していたような混雑はありませんでした。

あんまり知られていないのか、それとも一般的な感覚からしたら、汗だくの状態で行けるようなところではないということなのか。

 

お風呂から外の景色を見ることができて、桜が咲いていれば桜を愛でながら温泉につかれそうです。

とても落ち着いた雰囲気のいいお湯でした。

 

f:id:chobi_chobi:20180416014353j:image

「無色、澄明、無臭、無味、わずかに砂状物を認める」お湯です。

 

f:id:chobi_chobi:20180416014946j:image

休憩スペースです。

 

お風呂からあがった後、施設の方と会話。

「本宮はここがはじめての温泉施設なんですよ。」

ちょび「そうですよねー。本宮にはありませんでしたよね。桜は先週ぐらいが見頃だったんですかね?」

「そうですねー。ちょうど先週でした。例年は今ぐらいが満開なんですけどねー。」

ちょび「そうするとマラソンの時期とちょうどかぶるんですねー。今日はもう散ってって残念でしたー。」

もとみやロードレースは、時期があえば桜も楽しめます。もう最強の大会です。

「ここオープンして、はじめて桜の季節を迎えたんですよ。」

ちょび「大桜も近くて本当にいいところですよねー。(なるへそ、どうりでランナーの対応に慣れていないわけだ。)」

「この近くの桜も季節によってこう姿をかえるんです。」

テーブルに置かれた写真を見せていただきました。

 

f:id:chobi_chobi:20180416014336j:image

 

施設のスタッフさんは若い男性お二人で、とても丁寧に対応いただきました。

品のよさを強調してしまいましたが、決して入りにくいところではありません。お値段とコンセプト的にも、市民の憩いの場的な温泉とはだいぶ趣が異なりますが、いい温泉なのでもっとお客さんがきてもいいのになーと思いました。

 

温泉を後にして、施設のまわりの桜がどんなかんじか見ようと思って少し徘徊していたら、スタッフさんが中から出てきて僕のところにやってきました。そして、プリントアウトした桜の写真をどうぞと言って僕にくれました。

 

f:id:chobi_chobi:20180416015148j:image

 

ありがとうございます!

なんていい人!

 

一方で、僕別に写真下さいって言ったわけじゃないのになんで写真くれたんだろう?

見頃の桜が見られなくて残念だとか言っちゃったせいかな?実際桜目的できたわけじゃないし、走った後の汗を流す目的だし、残念って言葉にほぼ感情は伴ってなかったはずなんだけど。。

もしくは中でパチパチ写真撮ってたから、写真に精通している人間と思われたとか?TOMSAI家の専属カメラマンなので間違ってはいないんだけれども。

ありがたく頂戴しましたが、なんだかすごく申し訳ない!

健康によさそうな酢とか置いてあったから買うべきだった(>_<)

来年、健康によさそうな酢、買いに行きます!

 

ーー

 

ということで、走った後にラーメンのふるまいがありましたが、お昼ご飯にしては少ないので、お昼を食べに行きました。

 

f:id:chobi_chobi:20180416015301j:image

味処ガーデン金丸

 

烏骨鶏ラーメンが名物のようです。

 

店内へ。

「スープがきれて麺類出せないんですが。」

 

ん?まだちょうど13時まわったぐらいですけど。。

他のランナーに先を越されたか!

 

さっき、ラーメン食べたし、定食ものにしよう!問題なし!

唐揚げ定食を注文。

 

しばらくすると、隣の家族ずれのテーブルに、名物の烏骨鶏ラーメンが3つ出てきました。スープが切れる前のお客さん。

 

あ~うまそ~

 

めっちゃ、いいにおい~

 

てかてか、さっき、ふるまいラーメンを食べて、もっとラーメン食べたいモードになってたんだよ〜

烏骨鶏ラーメン調べた上でこっちは来てるんだよ〜

食べたくても食べられない烏骨鶏ラーメンが目の前に3つも〜

拷問やー!こんなん拷問やー!!

 

 

疲れ果てたあなた私の幻を愛したの〜♪

 

(もって行き場のない感情を「オリビアを聴きながら」で鎮めている状況。いい曲です。)

 

来年、烏骨鶏ラーメン、リベンジです!

 

f:id:chobi_chobi:20180416015927j:image

 

唐揚げ定食、おいしかったです!

 

ーー

 

以上、本宮市のステキスポット巡りでした。

本宮市に失礼なんですが、本宮って特にこれといって何もない印象の町でした。今回桜の名所などに行って、本宮の魅力を発見できてよかったです。

来年も本宮行きます!

 

 

おしまい。

 

 

第12回もとみやロードレース

 

本日は、福島県本宮市で行われた、もとみやロードレース大会10キロの部で走ってまいりました。

 

まず、結果です。

 

f:id:chobi_chobi:20180415143916j:image

 

40分24秒。

一応PB更新です。最近の練習状況からすれば悪くない結果ではあるんですが、40分切りたかったです(>_<)

くやしー(>_<)

 

大会をふりかえります。

 

ーー

 

8:10 会場の白沢体育館駐車場に到着。

 

f:id:chobi_chobi:20180415144305j:image

小雨が降っていて、強めの風も吹いています。 

会場へ移動。会場は駐車場のすぐ隣。

 

f:id:chobi_chobi:20180415145336j:image

 物販です。風が強くて紙がめくれあがってます。

 

f:id:chobi_chobi:20180415145707j:image

体育館の中へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180415151508j:image

 

ここでTOMSAIさんと合流。

今回もTOMSAIさんは二女ちゃん(前回「ご息女」と書きましたが(かたすぎ)、今回は、ちゃんづけで書けるくらい距離が縮まったものと願いたい。僕が二女ちゃんっていうのもおかしいんですが今回はこれでお許しください。)と参加。

TOM家との距離を日々縮めております。

アカウント名をちょびSAIに改める日もそう遠くないはずです。 

 

さて、雨があがったようなので、3人で軽くコースを試走へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180415151624j:image

 

その後、トイレを済ませ、9:25、二女ちゃんの2キロスタート。ガンバレー!

 

そして、われわれもスタンバイ。

予想タイム40〜45分の区割りに入ります。

 

9:55  スタート!

 

今日はスマホを持って走りません。以下、写真は試走時のものです。

 

f:id:chobi_chobi:20180415153737j:image

 

スタートと同時に、まわりに合わせて、かなりの勢いで飛び出します。

今回10キロをどんなペースで走っていいか分からず、自分のペースなんて言って走ってたら甘い走りになるので、ついていける人を見つけてひたすらついていく作戦でいきます。直前の練習の記録からして40分切りはかなりきびしいと思っていたので、キロ4ペースを維持するとかは全く頭にありませんでした。

 

今日のコースの高低図がこちら。

f:id:chobi_chobi:20180415193154p:plain

 

いきなり下りなので、超ハイペース。

 

f:id:chobi_chobi:20180415154500j:image

 

まずは会場のまわりを大きく1周します。

 

f:id:chobi_chobi:20180415154531j:image

 

下りが終わって、ある程度ペースが落ち着きましたが、1キロ過ぎて、早くも息が切れています。

 

f:id:chobi_chobi:20180415154625j:image

 

スタート地点にもう一度もどってくるかたちで、今度は上り。

 

f:id:chobi_chobi:20180415154804j:image

 

2キロ過ぎたところで、すでに心肺がめちゃくちゃきついです。

 

まわりのペースについていってるかんじですが、このまま行けるはずがない、でも10キロだから、勢い勝負ということで、そのまま飛ばします。

 

そしてまた下り。しばらく行くとこのコース1番の上り坂。

遠くからその上り坂が見えるので、うわー、あそこ上るのー、やめてー、と心が折れそうになります。

途中、給水。

4ヶ所エイドがありましたが、今回全ヶ所でスポドリか水をもらいました。

ヘロヘロで水をもらわずにはいられない状態でした。

 

上りきった後、しばらくして折り返し。TOMSAIさんとスライド。

「ファイトーっ!」

 

上ってきた坂を今度は下って、その後は地味なアップダウンがありつつも、ある程度フラットな道。

 

f:id:chobi_chobi:20180415164222j:image

 

道はのどかですが、走っている方は必死。 

心配だった風は、走っているときにはちょうど弱くなって、ほとんど気にならなくなっていました(いっぱいいっぱいで風が強いかどうかも分からない状態)。天候的には走りやすい方だったと思います。天気をいいわけにできない。。

 

このペース、もうムリー、もうムリーと思いつつも、何人か抜かします。

 

f:id:chobi_chobi:20180415162106j:image

 

5キロ。

半分、きつい(半分、青い風味)

 

この辺から、デニム風のランパンランナーさんと抜きつ抜かれつ走ります。

 

このデニパンさん、エイドや沿道の応援に、大きな声で「ありがとう!」を返しています。めっちゃ元気でレースを楽しんでます。

こういうランナーさんに本当にあこがれます。

一方、僕は応援に応える余裕が全くありません。

 

しばらくすると、

デニパンさん「このペースでいきましょう!」

ちょび(ムリムリムリムリぜったいムリ)「はい!このままがんばりましょう!」

 

声をかけていただいたのが、非常にうれしくてありがたかったです。中盤ペースを維持できたのはデニパンさんのおかげでした。

 

そして、7.5キロ付近で第2折り返し。

 

デニパンさんと並走して折り返しましたが、折り返したところで、とうとう気持ちがきれました。ペースダウン。

デニパンさんははるか前方へ。

 

あと2キロ、あともう一息だけど限界です。

立て続けに抜かれました。

なにその後半型の走りー

 

そして、TOMSAIさんとスライド

「ファイトーっ!」

 

ひいこら走って、ラスト1キロの表示。

ここからゴールまでずっと上り。

キツいよー、足上がんないよー、泣きたいよー

 

ゴール見えてきたー

 

f:id:chobi_chobi:20180415164420j:image

 

ラストスパートー!

 

f:id:chobi_chobi:20180415164557j:image

 

ゴール!

 

ちょーーーしんどかった!!

 

結果を確認。40分切れなかったかー

くやしー、くやちーよー

 

f:id:chobi_chobi:20180415200752p:plain

f:id:chobi_chobi:20180415200810p:plain

f:id:chobi_chobi:20180415200825p:plain

f:id:chobi_chobi:20180415201023p:plain

 

ーー

 

ゴールした後、導線にしたがって参加賞を受け取ります(後ほど紹介)。

 

そして、ゴール前の沿道へ。TOMSAIさんに声援を送ります。

「ラストー!ダッシュー!」

TOMSAIさん、すばらしいスパートでした!

 

二女ちゃんと合流してTOMSAIさんをお出迎え。

このとき、二女ちゃんの記録を教えてもらいましたが、すばらしいタイム。すごいなー

おつかれさまでしたー( ´ ▽ ` )

 

ーー

 

ゴール後、この大会のホスピタリティーの高さが発揮されます。

 

もとみやロードレースのココがスゴい!

その1  走った後の白沢ラーメン!

 

TOMSAIさんと合流して、体育館に戻りラーメン引換券をもって、ラーメンをもらいに。

 

f:id:chobi_chobi:20180415171149j:image

 

まさしく、行列のできるラーメン。

 

かなり長い列ができていましたが、待ち時間としては5分くらいでした。

 

f:id:chobi_chobi:20180415171422j:image

 

f:id:chobi_chobi:20180415172627j:image

 

うまい!

量もそこそこあって満足です。

豚汁がふるまわれる大会はいくつかありますが、ラーメンのふるまいはなかなかないと思います。

こういうところで地元をアピールすることってマラソン大会で大事だと思います。

参加者リストの冊子といっしょに観光案内の冊子もちゃんと入っていて、こういうところで差がつくよなーと思ったりもしました。

 

もとみやロードレースのココがスゴい!

その2  選べる参加賞!

 

この大会、エントリーの際に参加賞を、Tシャツ、バッグ、お米の3つの中から1つを選ぶシステムになっています。

僕はバッグを選択しました。

 

f:id:chobi_chobi:20180415173230j:image

 

このバッグ、かなりの容量で、しかも上を下の写真のように絞ることができて、しっかりしたつくりになっています。

 

f:id:chobi_chobi:20180415173645j:image

 

バッグを選んで正解だったと思うんですが、色がけっこう攻めたかんじのピンクなので用途がパッと浮かびません。。

 

Tシャツはこのバッグの色、プリントをそのままTシャツにしたかんじです。

 

お米の方はTOMSAIさんのレポでお願いします!

 

Tシャツは家にいっぱいあって正直いらないんだよなーという人も自分が欲しいものを選べるので、満足いただけるものと思います。

決して規模が大きくないローカル大会でこれができるってすごいと思います。

 

もとみやロードレースのココがスゴい!

その3  特別協賛、東北協同乳業による圧倒的カルシウム感!

 

参加賞はこれだけではなく、いくつか品物が入ったビニール袋ももらえます。

その中身はこんなかんじです。

 

f:id:chobi_chobi:20180415175124j:image

 

飲み物と、牛乳、プリン、ヨーグルト2つ。

 

不足しがちなカルシウムの摂取はこれでバッチリ!

 

ちなみに、上の写真のペットボトルの水は受付時にもらえるもので、スタート前の水分補給も困らないようになっています。走る前に1本、走った後に1本、飲み物がもらえる大会はありそうでないと思います。

 

紙のスプーンがちゃんと3つ付いているところも、行き届いてるなーと感じます。

 

 

以上が、もとみやロードレースのココがスゴい!3つのポイントでした。

 

でもー、あれでしょー、これだけサービスがいいと参加費お高いんじゃないですかー?

 

いえいえ、みなさまの日頃のご愛顧にお応えしまして、こちらの大会、3000円!3000円でご提供いたします!

 

や、安い〜、パチパチパチ(拍手)

 

ーー

 

僕の知り合いに毎年参加している人がいますが、確かにこれなら毎年参加するのもうなずけます。

公式サイトを充実させればいいのにとか思いますが、むしろ現状でうまくまわっているので十分なのかもしれません。

 

てなことで、ゴールした後、ホスピタリティーの高さを感じながら、まもなくTOMSAIさんと解散。お米が重くて大変そうでしたw

 

大会については以上ですが、この先もまだ長くなりそうなので、本日はこれで締めたいと思います。

 

6月のスイカロードレースで10キロ40分切り、リベンジです!あーでもタイムよりスイカ目当てなんだよなー 

本日の本宮を皮切りに、郡山、仙台、東根、とハーフ三連撃、そして、スイカロードレースという流れで夏前までレースが続きます。

 

がんばるぞー٩( 'ω' )و

 

 

おしまい。

 

 

 

10キロタイムトライアル&とある心理テスト

 

今日は日曜に走る10キロのレースに向けて、いつもの(とはいってもそこで走るのはかなり久しぶり)公園で10キロ全力で走ってみました。まるまる2ヶ月、10キロ以上の距離をがっつり走っていません。。

結果です。

 

f:id:chobi_chobi:20180412233534j:image

f:id:chobi_chobi:20180412233536j:image

 

すっかり走力落ちてしまいました(T_T)

 

ーー

 

日曜のレースについてお話しを。

 

日曜は本宮市で行われる、もとみやロードレースで10キロ走ってきます。今回が初参加です。

 

www.city.motomiya.lg.jp

 

もとみやロードレースは、いい大会だという評判を以前から聞いていて、会場が自宅から近いので、参加してみたいと思っていた大会です。

そして、久しく走っていなかった10キロに挑戦してみようという思いでエントリーしました。

【過去の10キロレースの記録(グロス/ネット)】

2014年6月 東根  46:33/45:02(人生初レース)

2015年8月 伊達  44:36/42:07

2016年9月 羽鳥湖 42:58/なし


もはや遠い過去の話しですが、サブ3を目指して練習していた時期がありまして、その時、サブ3の条件として10キロ38ないし37分台っていうのがあることは心得ていました。来シーズンでサブ3を達成するには、そこを突破せねばという話しです。

 

ただ、今日のタイムからすると38分台なんて夢のまた夢。桃鉄に夢のまた夢カードっていう、1回ぶっとんで、いやならもう1回ぶっとべるカードがありましたが、それで目的地にぶっとべるなんてことはまずありえません。マラソンに一発逆転なんてことはないんです。急行カードなどの移動系カードを使いながら地道に目的地を目指すのが結局1番近道です。マラソン桃鉄でうまいこといえるかと思ったら、全くしっくりきていないことに愕然としています。

 

そして、本宮のコース、高低図だとけっこうなアップダウンのようで、しかも、先日TOMSAIさんからもアップダウンがきついらしいということを聞きました。走力が落ちた中、めちゃくちゃ苦しい思いをするに決まっています。しかるに、例の如く、なんでエントリーしちゃったんだろう病を只今絶賛発症中。お金払って苦しい思いしに行くなんてマジ意味わかんなーい

 

がんばって走ってきます。。

 

ーー

 

話しはかわりまして、最近胸に刺さった心理テストをご紹介。

 

毎週欠かさず録画の上視聴している「月曜から夜更かし」で、先日こんな心理テストが紹介されていました。

 

【問題】

一筆書きで星を書くとき、あなたはどこから書きますかf:id:chobi_chobi:20180410183912p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答】

これで分かるのは、あなたの集団行動における立ち位置、振る舞い。

 

①は「グイグイリーダータイプ」

責任感と行動力が強い。
自分がなんとかしなければという気持ちから損な役割を引き受けることも多い。
恋愛では情熱的で自分からグイグイ行きますが相手に追いかけられると冷めてしまうタイプ。

マツコさんがこのタイプでした。

 

②は「愛されたい八方美人タイプ」

自我があまり強くなく流されやすい。
NOといえず利用されてしまうことも…。
恋愛でも強引なアプローチについYESと答え満足できないまま付き合い続ける一方で流されて浮気するタイプ。

 

③は「夢が大きいロマンチストタイプ」
常識にとらわれないユニークさと天然ボケな面がある人。
恋愛でも漫画のようなロマンチックな出会いに憧れる傾向がある。

 

④は「こだわりが強い芸術肌タイプ」
独特の美意識を持ち簡単に妥協できない性格。
恋愛に関しては苦手意識が強く奥手な面もある。

 

⑤は「自分に正直なリア充志望タイプ」
自分の欲望に正直なタイプ。
お金は欲しい、美味しいものも食べたいそのために必要な努力は若いうちなら多少するという考えの持ち主。
それなりに選択を間違えなければ結構充実した人生を送れる人。
恋愛では出会いを求めて合コンなど積極的に行動するので成功率は高い。
性格よりも相手のスペックを重視する傾向がある。

村上さんがこのタイプでした。

 

ーー

 

この心理テスト、秀逸だと思います。

心理テストって、現実にありもしないようなシチュエーションで何を選ぶかみたいなものが多いですが、星をどう書くかという日常的に自分に染みついた行為を対象にしているので、それだけで説得力を感じます。人によってけっこう違いがあって、何らかの影響を受けた自分の心理が星の書き方に表れるのは間違いないように思えるところです。

マツコさん、村上さんも当たってるなーと思います。

 

ちなみに、僕は③から書きます。

この問題がでたとき、間違いなく③!③以外考えられないってかんじでした。

 

だって、右利きだったら③が1番速く書けると思うんですよね。自分の右手から1番近いのが③じゃないですか。②のような気もしますが、書く紙の位置次第では必ずしも直近ではないと思いますしね。(そんなことはどうでもいい)

 

僕が選んだ③は、「夢が大きいロマンチストタイプ」 。

僕の場合全然当たっていませんが、ロマンチックな出会いに憧れる傾向かー。。

 

 

だからなの?だからなのー!?

 

おしまい。

 

 

花見山ランと・・・

 

本日は福島市の花見の名所、花見山で走ってまいりました。

 

メンバーは、Oさん、TOMSAIさん(id:TOMSAI)、ブタロウさん(id:ssk31)、僕の4人。

 

6:30 花見山のほど近くにある弁天山駐車場に集合。

 

f:id:chobi_chobi:20180408210604j:image

弁天山の桜。

弁天山も桜がきれいに咲いています。

 

車を降りて一言。

 

さっぶ!

 

車で確認した気温、6℃。冬じゃん!

先週、南相馬で走った時はポカポカ陽気だったのに。

どうした春!あの勢いはどうした!おまえの実力はそんなもんじゃないだろ!出し切れよ実力を!そんなんじゃ伸びないぞー!気合い入れろー!警視庁の練習場に入れてやんねーぞ!

 

はい、ということで出発。

 

だいたい2キロくらいで花見山の敷地内へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180408210633j:image

 

おー、きれいに咲いてます。

 

頂上に向けて、けっこうな上り。だいたい歩きます。

 

f:id:chobi_chobi:20180408210701j:image

 

道中、桜のみならず、なんかよくわかんないけど、いろいろ咲き乱れてます。

 

f:id:chobi_chobi:20180408210747j:image

 

頂上到着!

 

f:id:chobi_chobi:20180408210759j:image

 

頂上からの眺め、いいですねー

 

f:id:chobi_chobi:20180408210817j:image

 

分かりますかー。ハートになってるー♥️

 

いやー、なかなかの勾配でいい汗かきましたー。

花々を愛でることができて満足です。

さーさー下りましょう。

 

TOMSAIさん「それじゃ、先行きまーす。」

 

え?そっち?

 

確かにこれじゃ早くおわりすぎかなーとは思ってましたが、そっちの方、全然花見客いないし。。花見客どころか人っこ一人いないし。。

 

先を行くと思いっきり山道。

 

f:id:chobi_chobi:20180408210846j:image

 

花がいっさいない。。

 

てか、トレランじゃん。。

 

それもそのはず、帰ってランニングクラブの出欠管理ページを確認したら今回の走りは「花見山ラン」ではなく、「十万劫山トレイル」と銘打たれてました。

この時期に花見山に行くので、和み系花見ランを想像していたわたくし。

「十万劫山トレイル」、もはや読み方も分からず読み流しておりました。(「じゅうまんこやま」と読みます。)

 

TOMSAIさんは当然万全のトレイル装備。イノベイトできまっています。

一方、他3人、ノー装備!ノーサポート主義!

 

f:id:chobi_chobi:20180408210855j:image

 

坂きついです!

 

ハートだ❤️とさっきまできゃっきゃっしていた自分はどこへやら。全く余裕がありません。

 

トレイルといっても市街地からそう遠くない小高い山なので、そんなにきつくないだろうとなめてたら、ちょーきつくてやんの。

 

トレイルなめたら、なめたらいかんぜよ!

 

日差しが差し込むフラットな林道もあり、そういうところは気持ちいいです。

 

迷うことなく先をグングン進むTOMSAI隊長。

心強い!

僕、ここひとりで走ったら、遭難して行方不明者になる自信あります!

 

f:id:chobi_chobi:20180408211002j:image

 

頂上到着。

あーしんどかった。

 

f:id:chobi_chobi:20180408211014j:image

頂上からの眺め。

うん、微妙!

 

しばらく休憩して、帰り道。

 

下ります。

 

上りとちがってスイスイ進みます。フカフカした道はいいんですが、そうじゃない下り、こわいです。

 

f:id:chobi_chobi:20180408211224j:image

 

特にこわかったポイント。

砂利道かつボコボコなので足がとられます。

 

f:id:chobi_chobi:20180408211228j:image

 

舗装路が見えてきました。

あ〜、ロード落ち着く〜。

 

弁天山駐車場に戻ってきました。

そして、ぼちぼち解散。

 

f:id:chobi_chobi:20180409000939p:plain

 

f:id:chobi_chobi:20180409000954p:plain

 

f:id:chobi_chobi:20180409001034p:plain

 

ーー

 

ということで、早朝、花見客が少ない中、天気は微妙でしたが楽しく走ることができました。

和み系ランとはだいぶ違った趣でしたが、トレランの練習にはもってこいのコースで、脚が鍛えられました。

 

うちの近くにもこういうコースがないか探してみたいと思います。

てか、トレランのアイテムを一切もっていない僕ですが、必要最低限、安いものでいいので(長続きする自信がないから)、ちょくちょく買い揃えてみようかなーと考えている次第です。

 

さてさて、来週は本宮で10キロレース。

正直、練習不足でいいタイムは期待できませんが、最低限自己ベスト更新を目指してがんばります!

 

おしまい。

 

 

第2回復興祈念駅伝「南相馬から浪江へ」ふりかえり(その3)ゴール後

 

前回まで→

第2回復興祈念駅伝「南相馬から浪江へ」ふりかえり(その1) - ちょびの走りっこ記録

第2回復興祈念駅伝「南相馬から浪江へ」ふりかえり(その2) - ちょびの走りっこ記録

 

ーー

 

ゴールした後、バスに乗って集会所へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102435j:plain

 

朝に集合した集会所に戻ってきました。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102505j:plain

 

豚汁をもらって集会所の中へ。 準備いただき、ありがとうございます。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102525j:plain

 

f:id:chobi_chobi:20180404102547j:plain

 

f:id:chobi_chobi:20180404102603j:plain

のり巻きや手作りの桜もちが用意されていました!

 

f:id:chobi_chobi:20180404102618j:plain

 

この桜もちは、最後の中継所でエイドになっていたものです。

美味でございますー

1000円しか払ってないのにこんなにいただいちゃっていいのかしら。

 

おのおの席について懇親会のようなかたちに。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102651j:plain

 

食事を用意して下さったNPOのみなさんのご紹介。

ご用意いただきありがとうございました!とってもおいしかったです!

 

f:id:chobi_chobi:20180404102706j:plain

 

もちろん増田さんも懇親会に参加。

 

この後、ちょんまげ隊長ツンさんによる映画「MARCH」のプレゼン。

twitter.com

seedsplus.main.jp

 

まもなくして、増田さんは翌日行田で行われるマラソンに参加するため、帰りの電車がせまっているとのことで、ここでお別れ。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102727j:plain

増田さんによる別れの舞い。

 

増田さん、本当にサービス精神が旺盛な方でした。サイン攻めや写真には全て応じて、増田さん自身もとても楽しまれていました。

大変お忙しい中、小規模のローカルな駅伝に参加いただき、大変感謝です。

 

増田さんのお帰りとともに、参加者もぼちぼち解散。

ちなみに、今日来ていた取材陣の放送予定について告知があり、今日夕方のNHKのニュース(福島県版)で取り上げられるとのことでした。

参加賞をもらって(中身は帰ってから確認)、集会所をあとにしました。

 

ーー

 

ということで、ここから先はいつもの温泉の流れです。

近くの、といっても車で30分以上かかりましたが、日帰り温泉へ。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102750j:plain

 

はらまちユッサ

新田川温泉はらまちユッサ[Main Page]

営業時間 11:00~21:00

料金 大人 800円

   小人 300円

 

f:id:chobi_chobi:20180404102803j:plain

泉質は、「無色・澄明・無臭・無味」とのことです。

過去に何度か行ったことがあり久しぶりに入りました。

サウナは高校野球を観戦しているおっさんでいっぱいで、はしゃぐ子どもたちを横目に水風呂に入りました。

 

ーー

 

ゆっくりお風呂につかっていたら、けっこう遅い時間に。

以前TOMSAIさんが取り上げていた飯館村の道の駅に立ち寄り、ソフトクリームを食べようと思ったら、営業時間が終了していて間に合いませんでした(>_<)

 

NHKの夕方のニュースの時間が近づいていたので、車のTVをNHKにして運転。

18:45になり地域のニューススタート。

お!取り上げられてるー!

あわてて車をとめます。

そして、おー!!自分うつったー!!超一瞬うつったー!!

あわててスマホで車のTV画面を撮ります。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102823j:plain

かろうじてIさんが走っているところを写真におさめることができました。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102834j:plain

超一瞬でもテレビにうつるって興奮しますねー。

 

ーー

 

川俣町で、ラーメン屋さんに立ち寄りました。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102857j:plain

味処みらい

 

川俣町は川俣シャモで有名。川俣シャモを使った親子丼などのメニューがありました。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102906j:plain

 

川俣シャモラーメンをいただきました。

 

ーー

 

はい、そんなこんなでおうちに帰ってきました。

参加賞の袋の中身を見てみます。

 

f:id:chobi_chobi:20180404102917j:plain

チョコねー

 

f:id:chobi_chobi:20180404102929j:plain

首に巻いてひんやりするやつ、3つもー

 

f:id:chobi_chobi:20180404102942j:plain

バフじゃーん!初バフです!

 

f:id:chobi_chobi:20180404171137j:image

さらに、かわいいクマさんのマスコットー!

 

これで、参加費1000円ですよ!1000円ですよ!(思わず2回)

決して大きくない任意団体の駅伝イベントで豚汁やのり巻きをふるまっていただいたうえに、こんなに参加賞をいただけるとは思っていませんでした。

主催者の方の手腕、ハンパないです!

 

改めて本当にすばらしい駅伝でした。

僕は大会にでるときは力を出し切って少しでもいいタイムで走ろうって思う方なんですが、今回のようなタイムを一切気にせず、みんなで力を合わせてゴールを目指すっていうのもいいですねー。

そして、なかなか足を運ぶ機会がない避難解除された地域を走ることができたのも有意義でした。避難解除された地域の帰還率が非常に低いとネガティブに報道されがちですが、帰還された住民の方は本当に元気いっぱい、笑顔いっぱいで、むしろわれわれがパワーをいただきました。

ぜひまた参加して街並みの変化を見ることができたらなと思います。

 

最後に、主催者の方をはじめボランティアで支えていただいた方、応援いただいた方に感謝。

本当に充実した1日になりました!

ありがとうございました!

 

 

おしまい。