ちょびの走りっこ記録

ちょびちょびしく走ってます。

第10回飯坂茂庭っ湖マラソンふりかえり【その3】レース中盤

 

まだ10キロぐらいしか走っていない、レポ続きです。

 

前回まで→

第10回飯坂茂庭っ湖マラソンふりかえり【その1】スタートまで - ちょびの走りっこ記録

第10回飯坂茂庭っ湖マラソンふりかえり【その2】レース前半 - ちょびの走りっこ記録

 

ーー

 

10キロ過ぎ、コース1番の難所の激坂に突入します。

 

f:id:chobi_chobi:20171109184100j:plain摺上川ダム管理所より

 

ダムの壁(堤体)のてっぺんを目指してのぼります。

 

坂の傾斜と向かい風の合わせ技で前に進むのが大変です。

ただ、これまでも強風のレースは何度か経験しています。

2017いわきサンシャインマラソンが自分の経験した中で一番の風の強さ、バギクロスレベルだとすると、今回はバギぐらいかなーというところです。多少のダメージはあるにせよ、十分戦い続けられるかんじです。

 

とはいっても、数百メートルでケツ筋が張ってきました。

 

ペースは落ちますが、ここで足を使い切るわけにはいかないので焦らず進みます。

キロペース、5’20~5’40という表示がでます。

ここは4’50ペース(5キロラップペース)まで落として大丈夫というプランで、ある程度気持ち的には余裕です。ケツ筋の疲労はありますが。

 

淡々と進んで坂クリアー

よし、ここから落ちたペースを取り戻そうと思いますが、バギレベルの向かい風で思うようにペースアップできません。

 

f:id:chobi_chobi:20171109194108p:plain摺上川ダム管理所より

 

坂をのぼった後はざっくりこんなかんじで進みます。

第2折り返し地点まで、片道約5キロ。

 

f:id:chobi_chobi:20171109194503j:plainモニカツより

 

トンネル突入。

トンネルに入ると下り坂ですが、やっぱり向かい風でペースが思うようにあがりません。

トンネルを抜けてもずっとそんなかんじでした。

 

10~15キロのラップ

24分09秒(4’49ペース)

 

何とか想定ペースにおさめることができました。

 

その後、茂庭っ湖に沿って、秋らしい景観の中を走ります。

 

エイドでは男子高校生がたくさん応援してくれます。

ただ去年より少しおとなしめかな。

去年はエイドの長机より前に出て、直接水を手渡して「うウェーイ!」みたいな、めちゃくちゃ元気なノリだったんですが、やり過ぎだっていうクレームでもきたんでしょうか。今回は前回より少しおとなしいかなーという印象でした。僕は元気づけてもらえるので、遠慮なくノリノリでガンガンきてもらえればと思うんですが。

 

そんなエイド(17キロ過ぎあたり)で、3名くらいの明らかに見た目俊足ランナーが、立ち止まっていました。ゼッケンは赤字=ハーフの選手。

ハーフはフルのスタートの10分後にスタートします。そういえばこの人たちに抜かされたよなーなどと考えつつ、あーこの人たち折り返しミスっちゃったのかなーと思いました。

僕自身どこがハーフの折り返しなのか分かりませんでした。ただ2往復目のときは分かりました。

 

そして、本日HPにこんなお知らせが。

 

第10回 湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンについて(お詫び)


 この度は、第10回湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンへご参加いただきまして、ありがとうございました。
本大会におきましては、大会運営の不手際により十分な誘導が出来ず、参加選手の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
レース運営に当たり、組織間の確認不足と共に最終役割分担の確認ができていない中でレースを開催してしまい、参加者の皆様にご迷惑をお掛けすることに繋がってしまいました。
 このような事態になったことを重ねてお詫び申し上げますとともに、今後の大会運営において、コース設営及び選手誘導を十分な体制をもって開催してまいります。

 

【お詫び】第10回 湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソンについて | 湯のまち飯坂・茂庭っ湖マラソン公式サイト

 

ランネットの大会レポに謝れというコメントがあがっていたんですが、そのような指摘を受けて対応したと思われます。

 

しかし、あえて私見を申し上げます。

 

自己責任だと思う!

 

参加費をとっている以上ローカル小規模大会だっていうのはいいわけになりませんし、僕もコース誘導に改善すべきだろうと思うところがありました。それでも、事前にコースが案内されている以上走る側もコースが分からなかったというのはいいわけにならないと思います。折り返しのコーンを置いていなかったなら完全に運営の責任ですが、そうではなかったはずです。人手が足りない中、しっかりエイドを用意してくれることだけでも大変ありがたいのに、コースアウトを運営のせいにするのってどうなのかなーと思います。

 

私見終了。私見だから流してください。

 

ーー

 

どちらかというと下り基調の往路でペースをあげられればと思いますがなかなかペースがあがらず、上り基調の復路はかなりしんどいことになりそうだなー、ペースアップは無理だよなーと思いつつ、第2折り返し(18.9キロ)へ。

 

折り返すと、あら、追い風じゃない。あら、上りでも足進むじゃない。

あら、あら、なんか往路より全然楽じゃない。

 

風よ、ふけ♪ふけ♪

 

この喜びをスライドするブタロウさんに、なぜか猛アピール。

ちょび「折り返したら追い風ですよーー!」

 

15~20キロのラップ

22分53秒(4’34ペース)

 

ーー

 

はい、そしてトイレ休憩。

ほ。

はい、トイレ休憩終了。

すっきりんこ。

 

(風で身体が冷えてたみたいです。もったいないロスではあるものの折り返して追い風になって気分が乗ってきたので、そのロスを十分取り戻せると思いました。)

 

ーー

 

僕の前方を走っていた同じぐらいのペースのランナー(ドラえもんのヘッドギア(?)を装着)が、トイレロスにより、遠くに見えなくなって寂しくなってしまいました。

 

想定ペースは4’40。これをしっかり維持すべく走ります。

 

20~25キロのラップ

23分07秒(4’37ペース)

 

いいよ、いいよー

 

第3折り返し地点を折り返しました。

 

前回の復興マラソンでペースが著しく落ちた25キロ以降。

ここからが勝負です。

 

 

つづく。